株式会社西頭代表 猪谷 幸祐のブログ
イノタニコースケの出会いを絆に

久々の友人と


 昨日、高校時代の友人と3人で、「坐・和民」新宿西口店にて、

食事をしました。


2人とも、高校時代のテニス部の仲間で、

昔から仲の良い2人だったので、とても楽しい時間となりましたが、

仕事の話などをしていると、それぞれの価値観が出来上がっているなっと

思ったのと、高校時代から知っているので、

どんな高校時代を過ごしたら、こういう大人になるのかと

改めて観察してしまいました(笑)。


全て一応仮称で書きますが、

大場氏、彼は、高校時代、テニス部の部長で生徒会長でもあり、

とても女性にも人気のあった学生だったのですが、

今では、まん丸な体型に落ち着き、一流企業に勤務しているのですが、

大きな欲もなく、こじんまり生きていくのが幸せと言う。

これを分析するに、彼は、人生の早い時期に、成功を収めてきたために、

逆に落ち着いた生活こそが、輝いた幸せな生活なのかな?と感じました。

ちなみに、彼は、私の身体を気遣ってばかりで、

見た目どおり父親のようでした(笑)。


もう1人は、石井君と言って、

お互いの実家の電話番号を覚え合っているほど仲が良いのですが、

彼はというと、高校時代から、普段は、私と同じように勉強が

全く出来ない学生でしたが、普段の会話から、

いつも地頭の良さを感じる一面を持つ人間でした。

大学受験も、当然私と同じように現役で落ちて浪人生となるはずだったのに、

なぜか、九州の有名私立大学に現役で受かってしまうという始末でした。

当時から、ハイリスクハイリターンというより、無難な道を選択し続けることが

できる友人でした。

今回、会社の転勤によって、東京に栄転してきたのですが、

会話の節々にも、よく考えているなと思う部分が、多々ありました。



2人の友人と会い、変わらぬ関係を確認するとともに、

学生時代の過ごし方は、その先の人生の価値観に

大きく影響を及ぼすのだなと感じました。


ちなみに、私はというと、学生時代に遊んでばかりだったので、

現在において、その反動で仕事に時間を費やすのかな?

と自分を分析してみました。


ま、ともかく、幸せの価値観というのは、人それぞれであり

答えは、自分しかないということを改めて再認識したのと、

いつでも、私を気遣ってくれるすばらしい仲間に

今も囲まれていることに、私自身、今現在という時間を

幸せに感じて生きることが出来ています。


尚、今回のブログは、フィクションかもしれません。

よって、登場人物が、実在するかは分かりません!

  
                                      以上



スポンサーサイト


  • 2019.07.12 Friday
  • -
  • 18:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
先日はどうもありがとうございました。
高校卒業して18年、新宿で集まるなんて考えもしませんでした。
ブログはほぼノンフィクションですが、君よりは全然勉強出来たバイ!
また集まりましょう!
  • ishii8
  • 2010/06/02 11:16 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar


S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

profile


selected entries


categories


archives


recent comment


links


others


mobile


qrcode

search this site.


sponsored links